SES契約書_方針編

頑張って職務経歴書・スキルシートを完成させたついでに、SES契約書も完成させておこうと思います。

大体のことは理解したので、色んなところからパクった基本契約書テンプレを元に、弊社独自のものにしようと思います。

ところで、経済産業省のサイトが一番の大元になります。これを元に、解釈がわかれるようなものは個別に甲と乙で定められていく感じです。ここでは、解釈が分かれたり自由度が高い内容を「個別論点」として弊社の方針を纏めます。

個別論点と弊社の方針

準委任契約で仕事の完成義務は負うか?

これは、既に民法上の回答があって(民法第640番~645くらい)完成義務は負わないし、もちろん瑕疵担保責任も無いでFIXなのですが、弊社的には、はい時間だけ座ってましたお金頂戴というのも、まずい気がします。明らかに生産性が低かったり作業品質不良、態度不良があったら、それはそれでその分の控除はありえるべきだと考えます。但し「何をもって」というのを明確にするのが前提です。つまり、準委任契約は作業時間での事務作業で報酬が発生する契約ですが、例えば「60hでこの業務をする予定」という風に決めておくべきと考えます。そして、その為のツールは、Trac,Redmine,backlog,slackなんかのプロジェクト管理ツールを使って当然にチケット管理を原則依頼者がしてあげるべきと考えます。そうして、暇な場合は、請けた側からも「これしましょうか?」と自発的にチケット発行を確認すべきと考えます。あくまで期間が定められたプロとしての契約であって、座っててもお金貰える正社員じゃ無いんですからね。

請けた仕事を勝手に再委託して良いか?

弊社の考え方としては、勝手に再委託をすることは例え契約書に明示されてなかったとしてもNGと考えます。よく聞く個人情報流出事件も、丸投げ丸投げでリテラシーの無い下請け会社が流出させてしまってビックリ!みたいなケースが多いです。これは、リスク管理という観点からも良く無い。あくまで方針ですが、再委託する必要があるような場合は、再委託とせず、全く切り離して弊社とその委託先でその業務のみ(例えばこういうデザインをして欲しい等)個別に契約を結ぶくらいでいいんじゃないかと思います。

損害賠償の責任範囲や限度額は?

こういった内容こそ具体的に、契約書に明記すべきと考えます。雑な契約書では「乙の責に帰するべき事由により甲に損害を及ぼしたときは、甲は乙に対し損害賠償を請求することができるものとする。」みたいにざっくり書いてあるだけです。経済産業省は「信頼性ガイドライン」を公開してるらしいので参考にしようと思うと共に、きちんと1つ1つの作業についてリスクを押さえた方法を採択すべきと考えます。例えばITエンジニアで言うと、1台だけで稼働してる本サーバにエンジニアをrootでログインさせて要らないファイルを消していく系の作業をさせて、作業者が「コマンドミスったンゴ…」って大事なファイル消した場合、責任はあるのか?という話しです。弊社の考え方としては、例え損害が1億だったとしても、作業者に賠償責任は無い(せいぜいクビくらい)と考えます。

プログラム等の著作権は誰に帰属する?

発注者側が「こういうプログラムを作って!」と言って、報酬を支払って、受注者側が請けて作った場合、発注者側が著作権を持つべきです。受注者側は、契約満了後そのソースコードを現場から持って帰ることは出来ないという考えですが、頭で暗記したプログラムは頭で覚えている限り受注者側はそれを異なる場所で再現しても良い(そればかりはどうしようも無い)という考え方です。
それで、この著作権問題で最もポイントにしないといけないところは「オープンソースであるプログラムを用いて」一部開発されたプログラムは、そのプログラム部分は、引き続き受注者側の著作権であるべきと考えます。具体的に弊社の方針としては、自由ソフトウェア運動を支持します。また、例えば私の作成したプログラムは ライセンスGPLv2を適用しており、それは日本の民法よりも上位にあると考えています。

オープンソース(第三者)プログラムを用いた不具合の責任は?

弊社の考え方としては、この場合の不具合の責任は原則的には運が悪かったと「みんなで」分け合うべきです。唯一被害を被らないのは準委任契約の受託者側です。仕事(作業時間)が生まれるんですから。

偽装請負にならないためには?

作業者が発注者のオフィスに常駐して作業をするとして、必ずベンダ側の責任者が作業者に対して、誰をいつ何人どこにアサインして工程別の指示をして(先ほどの話しで言うとチケット登録してあげて)ベンダ側の責任で作業をすべきと考えます。これらを遵守していないと偽装請負とみなされるので、法令順守をしようと思います。それで、これらを守ることはそれ程難しいこととは思いません。まずは私がベンダ側の責任者兼作業者となって、その現場で仕事が増えたら、信頼出来る作業者を増やすという流れにすれば良いと考えています。

弊社のサイトのコンセプト

って結局何?って言われるかもしれないけど、とにかく.co.jpドメインやのに関わらず、おもいっきり個人の半生を振り返ったようなサイトにしたいって思うし、別に全然それでいいんじゃないかって思う。

時系列別、テーマ別に、写真・動画を配置して、サイト全体がインスタグラムみたいな感じにしたい。

今、ようやくビビっと来たテンプレートが見つかって、俄然ホームページ作成欲求が復活してきました。

こういうのって、本当熱ある時にやらないとダメなので、一気にやっちゃおうと思います。

6月生活費対策委員会

昨日はエリとカラオケに行ってから、終電で目黒に帰ってきて、そこからネイバーズ目黒の夜更かししてたみんなと4時くらいまで語ってたよ!

「ひろやさんは一体何がやりたいんですか?」って聞かれたから、

「おれはこれまでやりたいことは全部その時にやってきたし、やりたいことを今もやってる!今、やりたいことをやるっていう連続の人生!」って答えたよ。

とはいえ、お金のというか6月の生活費の対策委員会をここに発足しなければ、マジでやばい気がします。。。5月マジで働いて無かった・・・笑

という訳で、なうクリドカフェ。お金の計算をしようと思います。

何もしなかった

昨日も飲みすぎたあー。

ブラッツ行って飲んで、帰ってからもソーシャルアパートメントでオムライス会参加して飲んで、夜食にウルフガッシュ?か何かいうお肉の差し入れ貰って、幸せだったぁ!

平日だけど、鬼のようにダラダラして、夕方になったから今から東京来てる友達と飲むよ!

そっからまた別件飲みも入ってるよー!

またねん。

ADHDでも分かりやすいマニュアル

これまで様々な現場を体験してきたボトムアップコンサルタントの私ですが、現場のリーダーの方からヒアリングすると「部下たちは本当ミスが多いんだよねー。本当、今流行りのADHDじゃないけどさ。もっとちゃんとチェックしろって言うの!」という声を聞きます。そして、そんな現場程「読みやすいマニュアル」が整備されていないように思います。

ダメなマニュアルで運用されている例と、こうすべき論を挙げると・・・

1. まずどの工程で使われて何をする為のマニュアルなのかがわからない
 →概要や目的を入れるべき
2. 用語の意味が不鮮明
 →最初から略語にするのでは無く一度目は正式名称とすべき
3. クリティカルなポイントでワンオペが前提となっている
 →人間自体がエラーを起こす生き物なのでクリティカルなポイントではダブルチェックをすべき
4. 「どこ」で作業を実施すれば良いのかが不明
 →ディレクトリやファイルのパスを具体的に書くべき
5. 例と例でない境が不明なので「書いてある通り」にやったら大変なことになる
 →例なら例としてわかるように書くべき

6. 担当者による作業の実施漏れが後日判明した
 →工程毎または全作業完了後に作業完了確認の手順を含むべき

7. 担当者による「打ち間違え」によるオペレーションミスが後日判明した
 →オペミスが起こるリスクのある箇所は自動化すべき。自動化出来ない箇所はダブルチェックをすべき

8. 担当者による「全然別のボタンを押してしまった」によるオペレーションミスが発生した
 →そうなりそうな箇所は図を入れるべき
9. 上手くいったと聞いてたのに監査から本サーバに入ってたユーザがいますと怒られた
 →ログオフやexitまでを手順に含むべき
10. 完了報告を待ってたのにまた担当者が報告してくれなかった
 →報告までを手順に含むべき

もし、上記のようなマニュアルで運用されているのであれば、マニュアルだけでなく、作業プロセスから1から見直した方が良いです。
というのも、マニュアルというのは無駄なプロセスが省かれた結果の最短手順であるべきだからです。
上記のようなマニュアルで運用されている現場の場合、誰も「何故それをやっているのか?」を説明出来ないのにも関わらず、何故か運用が回っているというケースが多いです。

「今そんな現場にいる場合、一体どうすれば良いか?」

という改善方法はまた別の記事に譲るとして、ここでは、実際に私が作成した読みやすいマニュアルを例に挙げることで本記事を締めさせて頂きます。

なお、下記マニュアルの前提についてお話しすると、弊社のホームページはGoogleCloudPlatformというクラウドサービス上で運用されているのですが、Dreamweaverというホームページ作成ソフトで作成したhtmlファイル等のWEBコンテンツを、ローカルからサーバにアップロードするまでの具体的手順となります。
マニュアルにはダブルチェック担当者や現場責任者や別担当者がいるようなものになっていますが、そんな人はいません。笑


【概要】

 本手順書は、ローカルサーバ上でWEBコンテンツを修正した後本サーバに修正したファイルをアップロードする為の手順書です。
 GoogleCloudPlatform(以下GCP)にブラウザ経由でアクセスし、本サーバにブラウザからSSH経由でアクセスし、本サーバのWEBコンテンツ格納ディレクトリにファイルを配置するまでの手順を記載しています。

【作業に必要な人員】

 作業担当者とダブルチェック担当者の計2名。
 (※本サーバでの作業が一部発生する為、目検でのダブルチェックを必須とします。)

【ファイルパス】

 ◎ローカルサーバのWEBコンテンツディレクトリ
  ”C:\Users\hiroya\Documents\Un-ChainHP”

 ◎GCPのダッシュボードページ
  ”https://console.cloud.google.com/home/dashboard?project=concrete-flight-xxxxxx”

 ◎本サーバのWEBコンテンツディレクトリ
  ”/usr/share/nginx/html”

【手順】

[①GCPより本サーバにログインする]

 ■1. ブラウザを開いてGCPのダッシュボードページにアクセスする
  ”https://console.cloud.google.com/home/dashboard?project=concrete-flight-xxxxxx”

 ■2. SSHマークをクリックしてブラウザ経由で接続する
  Compute Engine > VMインスタンス > 接続列のSSHマークを順にクリック

[②歯車マークをクリックしてファイルを1つずつアップロードする]

 ■1. インスタンスにログイン後右上の歯車マークをクリック

 
 ■2. アップロードしたいファイルを選択する

 ■3. ファイルがアップロードされたことを確認する

  # ls

[③本サーバのWEBコンテンツディレクトリに配置する]

 ■1. ファイルを移動させるコマンドを打ってファイルを移動させる
  ※必ずコマンド実行する前に別担当者にダブルチェックを依頼すること!
  ※ダブルチェック担当者は「読み上げダブルチェック」を実施すること!

   例)index.htmlをWEBコンテンツディレクトリ直下に移動させる場合のコマンド
    # sudo mv index.html /usr/share/nginx/html/index.html

 ■2. ファイルが更新されたことをタイムスタンプで確認する

  # ll /usr/share/nginx/html/index.html

[④本サーバ・ブラウザから抜ける]

 ■1. 本サーバからログオフする

  # exit

 ■2. GCPの画面を開いている状態でブラウザ右上の×ボタンを押してブラウザを閉じる
  ※続けて別担当者が作業をする場合があるので、ログアウトはしないこと!

[⑤本作業責任者へ報告を実施する]

 ■1. 本作業の責任者に作業完了の旨メールを送信する

 ■2. 本作業の責任者に作業完了の旨口頭報告する
  ※離席しているようであれば席に付箋を残しておく。


いかがでしたでしょうか。この作業を実施されたことが無い方でも、このマニュアルであればやりやすそうだ!と感じていただけたのでは無いでしょうか。

職務履歴書アップデート

職務履歴書をアップデートしたよ!今まで職務要約と自己PRは特に書いてなかったんだけど、追加したあ!

早く案件決まるといいなぁ〜。

で、今日は漫画のコマを進めたよ!ふと死体を沢山描きたくなって、丁度唯一の惨殺シーンの下書きを描いたよ〜。

これを元に、クリップスタジオってソフトで、デジタルで仕上げたいなー。

色んな描き方があるんだろうけど、デジタル3Dデータにレイヤー被せて描くよりも、デジタル3Dデータを色々ポーズ変えて紙に描いてからまたデジタルで描くのが自分は合うかなぁー。ペンタブ買ったらまた変わるんだろうけど。

またねん。

python学習備忘録 Selenium

今日も、python学習をしたよ!(学習時間1.5h)Seleniumを使って、とりあえずgoogleでボタンを押すところまで。

リンク集に挙げてるページがすごくわかりやすかったですので良ければ参考にして下さい。

後、こういう作業をする時は、エディタは使わない方が良いような気がしました。Powershellを立ち上げて、pythonコマンドを打つと、対話モードになるので、そっから、直に1行ずつ打ち込んだ方が、理解が深まる気がしました。

これはサンプルコードをそのままコピペしたんですが、実際、サイト毎に要素を分析したりするの、面倒なんだろうなぁ~。

「URL」と「ID」と「パスワード」と「欲しいデータ」と「欲しいデータを取得する為に必要な既にわかってる情報(出来るだけ多い方がすぐに正解に辿り着く)」だけ引数に入れたら、頑張って要素とかは手当たり次第に試して目当てのものを自動的に収集してくれる系の関数を作りたい。そうして、そんな関数が出来たらNaughtySlaveに追加したいと考えています。

リンク集

Python + Selenium で Chrome の自動操作を一通り

海外ドラマ

雨だし、プログラミングの勉強終わり!

海外ドラマ上映会なーう!

海外ドラマにはハマらないようにしよう。ハマったら一生抜けられる気がしない。。。笑

今日は「わたし、定時で帰ります」もあるから、楽しみだぁ〜。

またねん。

pythonPackage探索

おはようございます。昨日ちょっとpythonを始めて興味が出てきたので、今日もこのまま学習しようと思います。自分あるあるなんですが、学習した内容って暫く経つと雲みたいに忘れちゃうんですよね。

なので、リアルタイムに打ちながら日記書くくらいが丁度良い気がしてます。で、寄り道も全然しちゃおうと。

【目標】

今までMoneyForwardとかDCカードとか松井証券とかのお金データを一つ一つダウンロードしてたけど(ダウンロード後のデータ加工はNaughtySlaveで自動化済)、それすら面倒になって自動化したくなったのでpythonなら出来るらしいのでこの機会に勉強しちゃおうということになった。

【pipでインストールしたパッケージ】

pip≒yumみたいなパッケージ管理コマンド。pip install <$パッケージ名>で入る。

パッケージ名意味
seleniumブラウザでの処理を自動化する為に使えるツール。
numpyAIとかに必須って言われてたのと、名前が可愛かったので入れた。numpy~。
matplotlibnumpyとセットで使うとグラフが描けるらしい。怪しいパッケージ名だあ~。
pandas下記リンクを見る限り、データ処理に使えるパッケージっぽい。これから、ものすごく重宝しそう。

【リンク】

参考になったリンクを貼っておきます。

[Python] pandasの使い方まとめ

PythonでGPXファイルの値を取得する

Pythonでマネーフォワードをスクレイピングして、ポートフォリオを管理する(その1)