【未】書類の整理の仕方

スマホとかPCの整理の仕方も一つですが、書類の整理の仕方も、骨組みとして書いておきます。

部屋自体の整理の仕方は別記事に譲るとして、その最後の最後まで残っちゃうのが書類、という位置付けの記事です。

ADHDはモノが捨てられない人が多いですが、その原因としては、「捨てるべきモノ捨ててはいけないモノ」の基準に迷うってのが一つあるのと、もう一つは「捨てないモノをどこに置くか?」問題があるように思います。

断捨離とかいう言葉もあるけど、全部捨てたらいいって訳でも無いです。

で、それらを考えながら作業をしがちなので、メモリの使いすぎ→逃避→漫画発見→漫画を読むになってしまいます。

ここでは、考えながら作業をしないで良いように、まずは、そこにある書類をどうするべきか?を種類別に分けて考察します。

書類の種類は、概ね分類を漏れなく出来るようなパターン化をします。そして、それを、どこに置くべきか?含め考えていきたいと思います。

ポリシー的には、書類は「基本的に捨てる」です。ただ、捨てる前にどうにか1つアクションをしてから捨てます。

止むを得ず残すものは、ファイリングするのですが予めどこにファイリングするのか決めておきます。

【要らないと認知出来て、すぐ捨てれるもの】

明らかなゴミ。

【よく考えたら、すぐ捨てれるもの】

タスクや今日やることを書いてあって期限切れの書類はすぐ捨てれる。

【データ化して、すぐ捨てれるもの】

本来別にデータとして存在してれば良いけど、その時たまたま近くにデバイスが無くて紙に書き出したものは、データにしてその紙は捨てる。なので、意外と片付けをする時はパソコンを準備しておくべきかもしれない。

【想い出ボックス行き】

お金で買えるけどその物を思い出すと過去の記憶を思い出す系。実用性ゼロの書類。これは想い出ボックス行きです。

“【未】書類の整理の仕方”への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です