🤖脱!病み期テクノロジーを考えるアイディアソン🤖

東工大Attic Lab様と株式会社メンヘラテクノロジー様主催の🤖脱!病み期テクノロジーを考えるアイディアソン🤖に参加しました!

感想としては、めちゃめちゃ面白かったです!!!せっかくなので本ブログでレポートしたいとおもいます。

そもそもこのイベントは元々知ってた訳では無く「何か面白いイベント無いかな~」ってことでWantedlyでイベントを探していたところ偶然見つけパンチが聞きすぎたネーミングの企業名・イベントに興味を持ち、2~3日悩んだあげく(笑)、勇気を出して申し込みました。

東京工業大学キャンパス内、迷いに迷ってようやく時間ピッタシに会場に到着。

6班に分かれ、班に分かれてみんなでアイデアを出し合うという流れでした。現役大学生の方から、社会人の方も多くおり、いい感じにミックスされてたので浮かなくて良かったです。

テーマは「脱!病み期テクノロジー」ということで、メンタルがヘラりがちな時にITを用いたサービスで乗り越えれるようなサービスを考えようというものです。

弊社オフィシャルブログ「わ た し を み つ け て」の名称からもお察しの通り、自分も絵に描いたようなメンヘラ・・・では無くメンヘラ芸人としてやってるので、今回のイベントは正に自分の分野だと思いました。

自分は3班でしたが、皆さん優しくてサービスを考える過程から超盛り上がりました。

■3班のみんなで考えたサービス内容

3班のみんなで考えた内容としては、男は皆恋愛をするとメンヘラになりがちというところから、自分だけの恋愛アドバイザーAIに恋愛のアドバイスをしてもらうアプリという方向で考えました。

まず、セットアップのInputデータとして、自分のLineデータやツイッター、Facebook、ブログ、といったデータを全部AIに情報として渡します。それから、このアプリは好きな人がいるところからのスタートを想定しているので、好きな相手の情報(LINEとかのやりとり等、出来る限り)もAIに与えます。

そうしてAIから親友のように恋愛アドバイスをもらうというものです。貰えるアドバイスも、関係性のステージ(相手を知ってからすぐの状態、初デートまで、デート後、付き合った後、倦怠期、プロポーズまで、結婚後)と、別れかけ等のクライシス期にも、適切なアドバイスをしてくれる想定です。

■アイデアを出しやすくする為の工夫

企画の方々がすごいなって感じたのは、アイデアを出しやすくする為の進め方の工夫です。

アイデアを出す時間、広げる時間、まとめる時間、発表の時間等、具体的に時間毎にやることが決められてたのと、ホワイトボードや付箋も班ごとに用意されてる点等、上手に設計されてるなと驚きました。

どの班も、すごく盛り上がってアイデアを考えていました。

3班、パワポを一瞬で作成するのとプレゼンがすごい上手い方がいて、発表も大成功!!メンターと呼ばれる、企業の方々からも良いフィードバックを頂けました!!!

また、他の班の発表もどれもユニークで、面白かったです。自分が考えつかないアイデアを聞くことで示唆を貰えました。

参加していながらも映画を見てるみたいで、時間があっという間に過ぎました!!!

■成果:モチベーションが上がった

しかし、これは実際に技術的には実現可能なんだろうか?ってことを考えたら、久しぶりにすごく技術的なことで手を動かしたい欲求が沸いてきました。

8月は後半まで実家に帰っていて時間があるので、このアイディアソンをきっかけというかスタートとして、時間の許す限り技術的な検証・設計をしてみたいと思います。で、夏休みの自由研究みたいな感じで随時、このブログで進捗を発表していきたいと思います。

■最後に

らんらんさん始め、メンターの方々、スタッフの方々、仲良くして頂いた班の方々、参加者の皆さま、本当にありがとうございました。

個人的に、何でもお手伝い出来ることがあればお手伝いしたいと考えてますので、これからも是非とも仲良くして頂けましたら幸いです 😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です