ADHDの就業支援

ADHDの就業支援がやりたいです。動機はもちろん、自分がADHDで色々苦労してきたからです。

今でこそ自分は自信満々に生きていけるまでに至りましたが、そうでない人達をIT系の職場に就業させて上手くやってもらうことにより救いたいって思ったからです。

何故IT系か?ってことですが、ADHDはIT系の仕事とすごく相性がいいからです。自分もIT系の企業で働いたこともそうでなかったこともありましたが、やはり圧倒的にIT系が働きやすいなと感じました。ADHDはIT系の企業で上手く立ち回れば、きっと上手く働ける道があると自分は信じてます。

ただ、どうすれば就業支援が出来るのかわからない。ですので、そのヒントを探りたいって意味もあり、最近BAR The BRATsによく足を運んでます。

BAR自体よく行くし大好きなので、流れに任せて人間観察したり、話しかけてきてくれる方とお話ししたりしてます。発達あるあるエピソード本当わかりみ深くてツボる話しが多い(笑)

色んな人と話す中で、ざっくりとIT系に就職したい、または現在IT系で勤めてるよって方がいたら重点的に話しかけて、色々ヒアリングさせてもらってます。

発達障害だけど発達障害と言わずに正社員として働けてるSE、今から働こうとしてる就活生、仕事が上手くいかなくて今仕事してない人、最近になって診断が下りたって人、まあ色々いますよね。

自分は、何も考え無しに話しながら、ペラペラと発言をした中から深層心理を取り出すタイプです。自分の発言に驚くこともあります。「なるほど。自分はこんなことを考えてたんだ。」って。

色んな方に色々話す中で大体「どうやったらいいか?」が固まってきました。

それは、お金以外でのニーズ等価交換という結論に落ち着きました。

IT系企業にエンジニアとして就業したいと考えているADHDによくある悩み(ニーズ)はざっくり以下でしょうか。

■ADHD就業希望者の悩み(ニーズ)
 ・WEB系とかインフラ系とか聞くものの何がしたいか何が適性かが今一つわからない
 ・お金の問題できちんとITについて学べない
 ・自分で課題を設定出来ないので何をしたら良いかわからない
 ・未経験だしいきなり就業出来ない
 ・就業したとしてもコミュニケーション能力の問題でやっていけるか不安

対して、弊社のニーズは以下の通りです。

■弊社の課題(ニーズ)
 ・やりたいことやアイデアは浮かぶのに誰かに話さないと忘れてしまうので話せる仲間が欲しい
 ・ITエンジニアになる為にどういうプロセスを踏めば良いか最短距離を探るカリキュラムを作りたいが、
  誰も教えさせてくれない
 ・弊社ホームページを途中まで作ったものの飽きたので残り誰かに作って欲しい
 ・弊社代表の中村はとにかく毎日すごく忙しいのでライフログアプリと会計アプリを融合した次世代ア
  プリとか開発したいけど着手出来ないで悶々としている

で、ここまでクリアになると、互いのニーズを満たす為のソリューションの最適解が導かれます。

つまり「無料で何でも教えるので、弊社の抱える課題を一緒に解決しながら『実務経験有り』を謳って就業の際のステップにして欲しい。」ということです。

もちろん、弊社は株式会社アンチェイン(縛られない)なので、拘束したり強制したり条件だったりは一切無しです。弊社の課題をもう少し具体的に記述して、それをこの場所に別記事としてアップロードするので「何か気にいった課題」があったら、その旨表明してもらって、まあ簡単な面談はさせてもらうのですがジョインしてもらうというのはどうでしょうか?

直接聞きたいことがあったり直接教えて欲しいなんてニーズにも勿論お答えします。自分は目黒・渋谷・新宿なんかのカフェを転々としてるので、今日暇?今どこ?って言ってもらえれば大抵大丈夫です。

“ADHDの就業支援” への1件の返信

  1. とてもいいね。

    ひーくん、自信満々に生きていけるまでに至ったんだね。

コメントを残す