ライフナビゲートアプリが最適なアドバイスをする為には?

例えば、もしライフナビゲートアプリを作るとして、AIが、こういう時はこういう風にするだとか、出掛ける前ちゃんと髪の毛セットした?とか口酸っぱくアドバイスしてくれて、人生の質を向上させてくれるアプリを作るとして、いわゆる教師データっていうのは、どうしたらいいんだろう???

それは「自分が人生をどうしたいか?」にもよるのかもしれないと考えています。

例えば、自分は、根底に抱えてる課題の一つに「気を抜くとすぐに堕落する」があります。例えば2週間3週間も働かないでいるとどんどんと堕落していき、夜型生活になり、1日中ゴロゴロしてるタイプの人間です。あるいは金銭面でも、いくつか仕事してるので月に収入が100万円を超える時とかもあるんですが、あればあるだけ使ってしまい、後でものすごく後悔します。

上記のような課題があり、自分は人生を変えたいっていう想いがあるからこそ、いわゆるアプリでは「口酸っぱく言ってくれる」系が良いって思います。けど、例えば自分と同じような人間がいて、唯一違うのは課題を課題と認識していない人が、同じ「口酸っぱく言ってくれる」アプリをインストールすれば、どうだろう???ウザいって、すぐにアプリを放置すると思います。

実用面で考えると、自分がまず何をしたいか?とか、どんな人生を生きたいか?とかを、選択出来るようなInputも必要やなって思います。で、それは選択でも良いのかなって思います。

自分の場合は、1年後、3年後、5年後の目標が全く立てられないってのが、すごく課題です。

いつも、目の前の興味あることだけを追い求めて生きてて、立てた目標なんてすぐに忘れてます。

一番好きな本に「7つの習慣」があるのですが、人生を良くする為に、”不”定期的に読み返すのですが、それを習慣には出来ないです。

目標も、選択出来るようにしたい。で、1ヵ月、1週間とかのスパンで、振り返りミーティングじゃないけど、やってくれるようにしたいです。

つまり、ある程度自分が課題を認識していて、やるべきだけど出来ないことこうすべきシーンでこう出来ないこと、を解決出来るようなアプリにしたいです。

で、話しを戻すと、AIがそれをどうやってやるか?という話しですが、純粋に「微調整」の部分だけやってくれて、ほとんどは、機械的に定義する形でやりたいです。

何なら最初は、まずはシナリオをガチガチに定義したチャットボットを作って、どういう感じにヒアリングしたら悩み解決とかの糸口になるかとか、どういう感じにヒアリングしたら目標設定と振り返りを上手く出来るかとか、例えば土日休みだとして、いつのタイミングが良いかとか、そこからスタートしたいです。

で、AIの部分では「タイミング悪いことが続いてるから反省会夜にしやん?」とか「そもそも目標全然達成する気無くなってきたから変えやん?」とか、そういう部分を担当出来るようになって欲しいです。

“ライフナビゲートアプリが最適なアドバイスをする為には?” への2件の返信

  1. ずいぶんたくさん書いたね。
    それにたくさん更新されてる

  2. そうなんですよ。結構、がっつり色々検証してました!
    PC壊れて、全部コードが泣くなっちゃいましたが。。。笑

    なので、これからは随時ちゃんとどこかにコミットして行きます。。。

コメントを残す