20210813(金)_GoogleCloudPlatformマニュアル

はじめに

久しぶりにGCP触ると、これ何だっけ?って絶対なるので、メモがてら自分用マニュアルを作成しておこうと思います。

仮想マシン起動と停止

VMインスタンスで、名前の一番右のところから開始/再開、停止等でマシンを起動停止出来ます。たまに間を開けたらあれどこだっけってなるのでついに記載しておくことにしました。

予算とアラート

以前、Firebaseを触って遊んだり決済APIを連携させてみたりした時に月の支払いが3,000円くらい行ったので、やっぱり予算とアラート設定は大事だなって思いました。

ここの画面からやります。

ちなみに、普通にサーバを1つ立てるくらいだと1,000円も行かないので1,000円ストップアラートを設定しています。

1,000円超えたらサーバを落とすのでその月は該当Webページにアクセス出来ません。みたいな仕様にWikipediaもしたらもっと募金集まるのにって皆さんそう思いません?

DNS設定

普段いじらない分、久しぶりに自分のwebサーバにアクセスすると繋がらなくなったりしてとかでしか使わない為、1から調べなおすということを繰り返してます。

大体、DNSサーバの設定なんて、仕事でやってる人以外使わないでしょうし、この種別のAとかCNAMEとかも毎回ググって思い出しての繰り返し。一生覚えられる気がしない為、マニュアルとして記載しておきます。

MXはメール。何故かこれだけは覚えてて忘れないんだよな。何でだろ。

AレコードはAddressレコードで、IPアドレスとun-chain.co.jpを繋げる為の種別らしい。そうだった。

CNAMEレコードはCanonicalNAMEってことで別名らしい。そうだったそうだった。

今、本体のun-chain.co.jpが何故か繋がらなくて、blog.un-chain.co.jpは繋がってる。

ここがややこしいところで、blog.un-chain.co.jpでリクエスト来たものは、white-yoron-7079.lolipop.ioに飛ばしていて、このロリポップのサーバ上にこのブログの実態を置いてるから。

今、それが正しいということを確かめる為には、下記のコマンドを打って状況を確認すれば良い。

返ってきた結果を日本語に纏めると、

・un-chain.co.jpとnslookupすると34.85.46.168に変換される(Aレコード設定が適切)

・www.un-chain.co.jpとnslookupすると 34.85.46.168 に変換される(CNAMEレコードサブドメインwwwの設定が適切)

・blog.un-chain.co.jpとnslookupするとwhite-yoron-7079.lolipop.ioと同じ157.7.190.233に変換される(CNAMEレコードサブドメインblogの設定が適切)

上記、DNS設定が正しいのにも関わらず本体のサーバである34.85.46.168にpingが通らないので、そもそもIPアドレス自体が間違ってるのかなということになる。

GCPより該当サーバにSSH接続しようとすると接続出来ないし、サーバ自体がダメのかもしれない。みたいな結論になる。続く