20210820(金)_不快プロパティ

人間もまたオブジェクトであり、従って当然プロパティとメソッドがある。

ADHDと健常者の違いは、大きく言うと「健常者に比べて脳のメモリが1/10程しか無い」と自分は思ってる。

衝動的、すぐ気が散る。みたいに言われるが、メモリが1/10程しか無いというのは、それを言い換えたものだと思う。

ここで「メモリ」が何かというとコンピュータのメモリと全く同様の意味で使っており、心理学的な用語に言い換えると「短期記憶」と同義とする。

TimArban先生の理論の通り、ご褒美が欲しいサルと理論派の自分がいるとして、ここで安心したいのは「頭が悪い」ことじゃないってことだ。言い換えるとご褒美が欲しいサルが大分大きいサルで理論派の自分は普段サルの奴隷になっているってことだ。

唯一自分が動ける時間は、モンスターが現れる他には、サルと同じ意志で行動している(一緒に遊んでいる時)と、他に残っているのはサルに付き合って一緒に遊んでるけどその傍らで気付かれないように物を整理整頓してサルの関心を「仕事」に向けることだ。

自分の仕事はインフラエンジニアで、最近になってこの意味を考えるようになってきた。

インフラの範囲は何もITだけに限らず、こと仕事をする上での物理的な環境全部を指すと思っており、自分の場合はインフラが整っていないと仕事が出来ない。

逆に、日々遭遇するストレスに冷静に向き合って解決することが出来れば、他の人にも同じように快適なインフラを提供・提案することが出来、プロフェッショナルになれるのでは無いかと考えるようになった。

ここで、不快プロパティの例を挙げたい。

不快プロパティの例

目の左側が暗いな。

ちょっと暑いな。

汗かいてるので自分臭いな。

風呂場からピタッピタッて音が定期的にするな。

腰痛ぇー。

マウス触るとザラザラするな。机

あっ、彼女から電話かかってきた!出なきゃ!!!

後、何分くらいで彼女は到着するかな。

(続く)

20210816(月)_計画立てるのが苦手

計画立てるのが苦手ってのは本当に辛い。自分で頑張る努力と自制心かあ。

確かに、遊ばないって決めたのにすぐ遊びに誘われて遊んでしまうのは、本当自制心が無いって思う。

自分で頑張る努力ってのも、確かに自分で計画を立てようとして立てられないってマジでずっと致命的だよなー。

10月1日から正社員で働くって言っても、エントリすら出来てないし、エントリをする為にちゃんと職務経歴書とかアピールポイント書こうと思ってるんだけど、なかなか出来てないし。

予定では、土曜日日曜日でいくら何でも完成するだろって思ってたけど、なう月曜日。

辛いというか重い作業からは逃げがちだよなー。

いつからか、定期的にこの動画見るんだけど、毎日見た方が良いって思う。

締め切りが無いことについてパニック・モンスターは機能しない。

彼女をパニック・モンスターにするのは役割が違うし、今までは人に任せてたけど、なんとか自分で出来るようにならないものかな。

一つは、自分にとって不要なものを全部捨てて気が散らないようにするって方法で、確かにある程度有効性を感じてるけど。

AIアシスタントが居ればな。

ポケットWi-Fi無くしたけど、明日手に入れれたらまたGoogleアシスタント調教しよう。

1日の始めに必ずやることを決めるとかも一つだけど、ついついイレギュラーなことが起こると、もうダメなんだよね。

ライフナビゲートアプリ_全体イメージ

2019/08/11(日)~20(火)の10日間での、夏休み自由研究ライフナビゲートアプリ記事です。

既に17(土)ということでもう終盤なので、そろそろまとめに入る段階だと思ってます。

この記事では「現時点でやって出来たこと」「現時点でやったけど出来なかったこと」「現時点で無理そうって思ってること」「現時点で時間の許す限りやりたいこと」を書いて自分なりに整理していく為の中間記事的位置づけです。

まず、ライフナビゲートアプリの全体像は、以下の通りです。パワポで30分で作ったので、すごい雑ですが、まあ最後に雑なのをどうにかするかどうかは別として、こんな感じです。

で、自分が今回やってることは、上記のような「設計」。それから技術的に可能かどうかと可能な場合どうすれば可能かの「技術的検証」です。

改めてこの自由研究期間が終わったくらいには、今回の成果発表って形で改めてブログ記事にするので、8/17(土)時点での成果としてはこんな感じです。

成果中間発表

現時点でやって出来たこと

✅ pythonの基礎理解。クラス、型、命名規則等。

✅ pythonのCSV・json・mongoDB In/Out処理

✅ mecabテキスト解析処理

✅ TweepyAPIを用いての自動フォロー処理

✅ TweepyAPIを用いてのユーザー情報・ユーザーツイート情報取得処理

✅ ライフナビゲートアプリ全体イメージ図作成

現時点でやって出来なかったこと

⚠️ pythonで有名なpandas。←要慣れ

⚠️ mecabを使い倒す←要自然言語処理のアイデアと時間

⚠️ chatbotアプリのIFROを使う←要API認証情報。

現時点で時間の許す限りやりたいこと

🔘 chatbotをLineで登録。In/Out処理

🔘 chatbotでのシナリオをまとめる

🔘 現時点でやって出来たことをわかりやすくまとめてWEBに公開する

🔘 AIの基礎理解と動作させる

現時点で無理そうって思ってること

🆘 AIを使いこなす ←多分時間的に難しそう

🆘 アンドロイドでチャットボットを使う ←そもそもアンドロイド持ってない

🆘 音声データの利用 ←多分時間的に難しそう

【未】スマホの使い方

自分流のスマホの使い方をまとめます。とりあえずメモ記事で、また理論的なことは追記で書いたり、整理します。見出しとかも全然整えてません。

■環境前提

、2画面の原則で、2台持ちにする

■画面

、アプリは1画面に収まるようにする

■使い方

、予定立てる時、グーグルカレンダーを開きながらもう一つのケータイで地図アプリ開いたりメモしたりする

■片付け方

◯画面編

、2台の携帯で、画面が同じになるように同期させておく

〇通知編

、実は通知が一番大事だったりする。通知にはバナー、バッチ、サウンドがあるけど、デフォルト全部オンになってしまってるので、「都度オフにする」を1回1回心掛けていけば、必要なもののみ残る。

◯アプリ個別編

、サファリは溜まりがちなので、以下のような振り分け条件にする、◇お気にいり登録条件、

◇すぐ削除していい条件、

微妙なニュース記事、見ないので消す

◇消したく無いニュース記事、

ポケットアプリに入れる。その際タグ

ライフナビゲートアプリ

最近またまた忙しくなってきまして、で、そういう時って以前はテンパってて、既に結婚して子供2人くらいいる友達からも「自分のことは一番後回し」って言われてたんだけど、未だに治ってないなー。

こうやって、メール返さずにまずブログとか書いちゃってるし。笑

どうなんだろう?一生これ治らない気がする。

そうそう、そんな葛藤が何度か続いてると、ライフナビゲートアプリが欲しいって思ってきました。

何だろう、単にライフログアプリってだけじゃなくて、ちゃんとアプリ側から色々怒ってくれたり、サジェストしてくれたり、反省タイムがやってきましたって言ってくれたり。

スターウォーズのC-3POとかのドロイド系のアプリ。

今の時代、不可能じゃないと思うんだよね。インタフェースはスマホのデバイス。アプリは常時起動されてて、常時ボイスメモ立ち上げとかもちろんGPSで位置記録。それから、常時録音。

ユーザーは「次にやること」を、アプリに向かって一々しゃべる。「歯ー磨くよー。」

アプリは、自動的に学習してくれつつ、リマインドして欲しいことがあれば、その時間にちゃんとお知らせしてくれる。「歯ーちゃんと磨いた?」って。

色々忘れがちなADHDにも良いと思うし、色んな拡張機能を自由にくっつけることによって、だいぶ幅も広がると思うんだよね。

埋もれても探すん面倒なので、とりあえずリポジトリだけ作っときました。

https://github.com/NakamuraHiroya/SpaceCat/

ADHDでも分かりやすいマニュアル

これまで様々な現場を体験してきたボトムアップコンサルタントの私ですが、現場のリーダーの方からヒアリングすると「部下たちは本当ミスが多いんだよねー。本当、今流行りのADHDじゃないけどさ。もっとちゃんとチェックしろって言うの!」という声を聞きます。そして、そんな現場程「読みやすいマニュアル」が整備されていないように思います。

ダメなマニュアルで運用されている例と、こうすべき論を挙げると・・・

1. まずどの工程で使われて何をする為のマニュアルなのかがわからない
 →概要や目的を入れるべき
2. 用語の意味が不鮮明
 →最初から略語にするのでは無く一度目は正式名称とすべき
3. クリティカルなポイントでワンオペが前提となっている
 →人間自体がエラーを起こす生き物なのでクリティカルなポイントではダブルチェックをすべき
4. 「どこ」で作業を実施すれば良いのかが不明
 →ディレクトリやファイルのパスを具体的に書くべき
5. 例と例でない境が不明なので「書いてある通り」にやったら大変なことになる
 →例なら例としてわかるように書くべき

6. 担当者による作業の実施漏れが後日判明した
 →工程毎または全作業完了後に作業完了確認の手順を含むべき

7. 担当者による「打ち間違え」によるオペレーションミスが後日判明した
 →オペミスが起こるリスクのある箇所は自動化すべき。自動化出来ない箇所はダブルチェックをすべき

8. 担当者による「全然別のボタンを押してしまった」によるオペレーションミスが発生した
 →そうなりそうな箇所は図を入れるべき
9. 上手くいったと聞いてたのに監査から本サーバに入ってたユーザがいますと怒られた
 →ログオフやexitまでを手順に含むべき
10. 完了報告を待ってたのにまた担当者が報告してくれなかった
 →報告までを手順に含むべき

もし、上記のようなマニュアルで運用されているのであれば、マニュアルだけでなく、作業プロセスから1から見直した方が良いです。
というのも、マニュアルというのは無駄なプロセスが省かれた結果の最短手順であるべきだからです。
上記のようなマニュアルで運用されている現場の場合、誰も「何故それをやっているのか?」を説明出来ないのにも関わらず、何故か運用が回っているというケースが多いです。

「今そんな現場にいる場合、一体どうすれば良いか?」

という改善方法はまた別の記事に譲るとして、ここでは、実際に私が作成した読みやすいマニュアルを例に挙げることで本記事を締めさせて頂きます。

なお、下記マニュアルの前提についてお話しすると、弊社のホームページはGoogleCloudPlatformというクラウドサービス上で運用されているのですが、Dreamweaverというホームページ作成ソフトで作成したhtmlファイル等のWEBコンテンツを、ローカルからサーバにアップロードするまでの具体的手順となります。
マニュアルにはダブルチェック担当者や現場責任者や別担当者がいるようなものになっていますが、そんな人はいません。笑


【概要】

 本手順書は、ローカルサーバ上でWEBコンテンツを修正した後本サーバに修正したファイルをアップロードする為の手順書です。
 GoogleCloudPlatform(以下GCP)にブラウザ経由でアクセスし、本サーバにブラウザからSSH経由でアクセスし、本サーバのWEBコンテンツ格納ディレクトリにファイルを配置するまでの手順を記載しています。

【作業に必要な人員】

 作業担当者とダブルチェック担当者の計2名。
 (※本サーバでの作業が一部発生する為、目検でのダブルチェックを必須とします。)

【ファイルパス】

 ◎ローカルサーバのWEBコンテンツディレクトリ
  ”C:\Users\hiroya\Documents\Un-ChainHP”

 ◎GCPのダッシュボードページ
  ”https://console.cloud.google.com/home/dashboard?project=concrete-flight-xxxxxx”

 ◎本サーバのWEBコンテンツディレクトリ
  ”/usr/share/nginx/html”

【手順】

[①GCPより本サーバにログインする]

 ■1. ブラウザを開いてGCPのダッシュボードページにアクセスする
  ”https://console.cloud.google.com/home/dashboard?project=concrete-flight-xxxxxx”

 ■2. SSHマークをクリックしてブラウザ経由で接続する
  Compute Engine > VMインスタンス > 接続列のSSHマークを順にクリック

[②歯車マークをクリックしてファイルを1つずつアップロードする]

 ■1. インスタンスにログイン後右上の歯車マークをクリック

 
 ■2. アップロードしたいファイルを選択する

 ■3. ファイルがアップロードされたことを確認する

  # ls

[③本サーバのWEBコンテンツディレクトリに配置する]

 ■1. ファイルを移動させるコマンドを打ってファイルを移動させる
  ※必ずコマンド実行する前に別担当者にダブルチェックを依頼すること!
  ※ダブルチェック担当者は「読み上げダブルチェック」を実施すること!

   例)index.htmlをWEBコンテンツディレクトリ直下に移動させる場合のコマンド
    # sudo mv index.html /usr/share/nginx/html/index.html

 ■2. ファイルが更新されたことをタイムスタンプで確認する

  # ll /usr/share/nginx/html/index.html

[④本サーバ・ブラウザから抜ける]

 ■1. 本サーバからログオフする

  # exit

 ■2. GCPの画面を開いている状態でブラウザ右上の×ボタンを押してブラウザを閉じる
  ※続けて別担当者が作業をする場合があるので、ログアウトはしないこと!

[⑤本作業責任者へ報告を実施する]

 ■1. 本作業の責任者に作業完了の旨メールを送信する

 ■2. 本作業の責任者に作業完了の旨口頭報告する
  ※離席しているようであれば席に付箋を残しておく。


いかがでしたでしょうか。この作業を実施されたことが無い方でも、このマニュアルであればやりやすそうだ!と感じていただけたのでは無いでしょうか。

ADHDの就業支援

ADHDの就業支援がやりたいです。動機はもちろん、自分がADHDで色々苦労してきたからです。

今でこそ自分は自信満々に生きていけるまでに至りましたが、そうでない人達をIT系の職場に就業させて上手くやってもらうことにより救いたいって思ったからです。

何故IT系か?ってことですが、ADHDはIT系の仕事とすごく相性がいいからです。自分もIT系の企業で働いたこともそうでなかったこともありましたが、やはり圧倒的にIT系が働きやすいなと感じました。ADHDはIT系の企業で上手く立ち回れば、きっと上手く働ける道があると自分は信じてます。

ただ、どうすれば就業支援が出来るのかわからない。ですので、そのヒントを探りたいって意味もあり、最近BAR The BRATsによく足を運んでます。

BAR自体よく行くし大好きなので、流れに任せて人間観察したり、話しかけてきてくれる方とお話ししたりしてます。発達あるあるエピソード本当わかりみ深くてツボる話しが多い(笑)

色んな人と話す中で、ざっくりとIT系に就職したい、または現在IT系で勤めてるよって方がいたら重点的に話しかけて、色々ヒアリングさせてもらってます。

発達障害だけど発達障害と言わずに正社員として働けてるSE、今から働こうとしてる就活生、仕事が上手くいかなくて今仕事してない人、最近になって診断が下りたって人、まあ色々いますよね。

自分は、何も考え無しに話しながら、ペラペラと発言をした中から深層心理を取り出すタイプです。自分の発言に驚くこともあります。「なるほど。自分はこんなことを考えてたんだ。」って。

色んな方に色々話す中で大体「どうやったらいいか?」が固まってきました。

それは、お金以外でのニーズ等価交換という結論に落ち着きました。

IT系企業にエンジニアとして就業したいと考えているADHDによくある悩み(ニーズ)はざっくり以下でしょうか。

■ADHD就業希望者の悩み(ニーズ)
 ・WEB系とかインフラ系とか聞くものの何がしたいか何が適性かが今一つわからない
 ・お金の問題できちんとITについて学べない
 ・自分で課題を設定出来ないので何をしたら良いかわからない
 ・未経験だしいきなり就業出来ない
 ・就業したとしてもコミュニケーション能力の問題でやっていけるか不安

対して、弊社のニーズは以下の通りです。

■弊社の課題(ニーズ)
 ・やりたいことやアイデアは浮かぶのに誰かに話さないと忘れてしまうので話せる仲間が欲しい
 ・ITエンジニアになる為にどういうプロセスを踏めば良いか最短距離を探るカリキュラムを作りたいが、
  誰も教えさせてくれない
 ・弊社ホームページを途中まで作ったものの飽きたので残り誰かに作って欲しい
 ・弊社代表の中村はとにかく毎日すごく忙しいのでライフログアプリと会計アプリを融合した次世代ア
  プリとか開発したいけど着手出来ないで悶々としている

で、ここまでクリアになると、互いのニーズを満たす為のソリューションの最適解が導かれます。

つまり「無料で何でも教えるので、弊社の抱える課題を一緒に解決しながら『実務経験有り』を謳って就業の際のステップにして欲しい。」ということです。

もちろん、弊社は株式会社アンチェイン(縛られない)なので、拘束したり強制したり条件だったりは一切無しです。弊社の課題をもう少し具体的に記述して、それをこの場所に別記事としてアップロードするので「何か気にいった課題」があったら、その旨表明してもらって、まあ簡単な面談はさせてもらうのですがジョインしてもらうというのはどうでしょうか?

直接聞きたいことがあったり直接教えて欲しいなんてニーズにも勿論お答えします。自分は目黒・渋谷・新宿なんかのカフェを転々としてるので、今日暇?今どこ?って言ってもらえれば大抵大丈夫です。

ADHDが1番頑張るべき仕事

職場のみんなに好かれる努力をすることです。

説明なんてせずにも納得してもらえるかと思います。ただ、こう言うと、嫌な人が沢山いるとか、ミスしまくって怒られて気まずいから無理みたいな反論がよく来ます!

それならば、仕事を誰より出来るようになるか、今すぐ辞めるべきだと思います。

ベタな方法を取っていい。おみやげを必ず買う。(買い忘れたらデパートででも買う。)人の誕生日を覚えてプレゼントをする。誰よりもサービス残業をする。上司の愚痴飲み会に付き合う。朝早く来て人のデスクまで綺麗にする。

嫌いな人や意地悪な人にこそ媚びる。そいつの子供へ絵本をプレゼントするなんてのもいいかもしれない。

そこまですれば、ようやく「ウッカリキャラ」としての居場所が与えられるかもしれない。

そこが、スタートラインだと思います。

【未】ADHDが仕事出来るようになるには

出来る人と一緒に仕事をして、出来る人の思考回路そのものをインストールすることです。

インストールって言葉は例えでは無く、どこで怒るか、5つタスクが降ってきたら何から取り掛かり何分でやるか、いつ休憩するか、誰に仕事を投げるか、断るか、全部そのまま真似れるようにします。そうすれば仕事が出来るようになります。

自分もまたかつて、これを読んでる皆さんと同じように仕事が出来ずに悩んでいた時がありました。そんなある時「中村さんと仕事をしたい」って近づいてきた人がいました。メンターなんて言葉は胡散臭くて大嫌いですが、もしかしたらその人が唯一のメンター的存在だったと思います。以下Kさんとします。

社会人になって5年以上経ってからKさんと出会ったので最初は「可愛そうだな〜この人。おれと仕事をするなんて。きっと、おれに全部仕事をやらされることになって後悔するぞ。」くらいにしか思ってなかったです。

しかし、プロジェクトが始まって、この人マジか、、、と驚かされることになります。

つづく

【未】【目次】ADHDとワーキングメモリ

遊んでばっかりの日記だけじゃなく、たまには真面目な記事を書いていこうと思います。ADHD記事1つ目、ワーキングメモリについてです!ドンドンドン!!!

ってか、ADHD Life Hackerって本を書きたい。

ADHDは、一言で言うと、脳のワーキングメモリが人より少ない人のことと自分は仮定しています。

実際のところどうか?はどうでも良くて、少なくともこの仮定に当てはめると、自分や誰かに当てはまる失敗談を全て説明出来てます。

ここで、ワーキングメモリって一言で言っても、定義が各々あるので自分の言うワーキングメモリについて話します。

ワーキングメモリとは言い換えると脳の一時記憶領域で、暫くだけ覚えてられるけど通常すぐ消える記憶領域のことを言います。

この一時記憶領域の大きさが、普通の人の1/5~1/10程度の人が、つまりADHDだと思うのです。

ここで『メモリ』と言う言葉はパソコンやスマホでもお馴染みの一般ワードなので、わかりやすくそれになぞらえて、MBで表します。

普通の人がメモリが1024MBあるPCだとすると、ADHDは128MBくらいしか無いPCです。

色んなアプリ立ち上げるとすぐ固まるし、頑張り過ぎて充電の減りも早くなるから、頻繁にアプリ停止処理をしないとダメです。

ここで、人間のメモリは増えません。よく、運動をしてワーキングメモリを増やそうだとか言ってる記事もありますが、あれは嘘です。

増えない上に、人より少ないワーキングメモリで、どうやって人と同じパフォーマンスを上げるか???

そのライフハック術について、これから説明していきます。まあ、目次ということでこの記事では概要のみ記載しておきます。

第一章_環境構築編

環境構築編では、自分ひとりで出来るライフハックについて取り扱います。この章には、他者は出てきませんし他者は関係ありません。この章の登場人物はあなただけです。この章で挙げることは、一見退屈です。しかし面白いです。何故なら、これはあなたの頭がクリアになっていくことを楽しむ章だからです。

①視覚ライフハック

出来るだけ、ある「画面」から全てを見渡せるようにする。

ここで言う「画面」とは、スマホやパソコンのモニタだけではありません。自分の部屋等も含みます。

②気が散らない環境構築ライフハック編

気が散らない環境を構築することが大事です。基本的には、情報を遮断するテクニックです。

③自己分析編

自己についての仮分析です。

第二章_コミニケーション編

ADHDの皆さんは、苦手な作業が何か?について既に理解されていることでしょう。苦手な作業を頼まれたら「無理です。」と断ればいい。断るのも、コミニケーションです。断って嫌な気をされるなら、断り方や言い回しを考えれば良い。そういった、コミニケーションについての章です。