夜中

チャリを漕いでると、浮浪者がそこらじゅうに向かって延々叫んでいた。

「馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!」

チャリですれ違いざま、大声で叫べる瞬間はここしかないと思い、叫ぶ。

「だらっしゃぁああああ!」

台風が来るってニュースでは言ってたが、今小雨だ。このまま降らないといいんだけど。

おれの声は、浮浪者に届いてなかった。

わ た し を み つ け て!

中目黒駅を通りすぎようとした。時間は、2時34分だった。

女性が一人居た。明らかに、時間が過ぎるのを待っていた。

チャリを止めて、声をかけた。

「ねえ。誰か、待ってるの?」

「うん。」

「すぐ来るのかな。よし、じゃあ10分だけ面白いこと言いながら一緒に待っていいですか?」

「何それ。」

彼女が笑った。中目黒のbarに連れて行った。

聞くと、人材系の会社で働いてるんだと言う。

なので、自分も人事系の会社を作ったと言ってアンチェインの名刺を見せた。

自分は、こういう時は自分のことを質問された時にだけ自分のことを話すようにしてる。

「ひろやさんは、どういう社員だったの?すごく出来る人だった?頭良さそう。」

「いや、サラリーマンの時は全然仕事してなかったですよ。ほとんどの仕事を断るか、請けて出来ませんでしたって怒られるか、新卒に投げるかでした。」

「フリーライダーだったんだ…。」

「へえ。窓際族のことをフリーライダーって言うんですね。初めて聞きました。」

「ひろやさんがそうなっちゃったのも、組織が悪かったのかもね。部下とか持ったことは?」

「無いですよ。1回も。絶対に無理です。本当に仕事をしないといけない時は、一番出来る人をアサインさせて、ささっと終わらせます。それか、何だっけ?フリーライダーでしたから。」

「そうなんだ。でも、協力するってすごく楽しいんだけどな。」

彼女は少しだけ悲しそうにした。

「今、35歳なんですけど、今は実はチームで動いてます。これまでは、あまりチームワークを感じることが出来てなかったんですが、今はそうじゃないです。全員がフリーランスの集まりで、みんなプロで、しかも商材の都合上、みんなで協力することが前提の組織でやってます。多分、初めてです。」

「そう。よかったです!それ聞けて!」

聞きたいことが聞けて、彼女は嬉しそうだった。

彼女のことを聞くと、彼女は、終始私が”コンサルタント”であって実力があることと、結婚に興味が無いことと、上司に噛みついて年収を100万円下げられたが全然気にしていないことを、延々言っていた。

気にしていないなんてあえて言うこと。それが一番コンプレックスになっていることがわかった。

最初は、愚痴でも聞いてやるかってスタンスだったけど、延々と愚痴を言っているので腹が立ってきた。

「嫌な上司っているよね。頭が良いから、そんな上司には決して勝てないから、気にしないようにする。それは一つの方法だけど、多分あなたは本当はとても傷ついてると思いますよ。だって、さっきから、上司の話しばかりだから。」

こんな風に言えば、多分気まずくなる。それで、おれの人生は、このパターンの繰り返しだった。

もう夜中じゃなくなって、とっくに日が昇っている。5時15分。

別れた後、コミニケーションに正解があるとして、このシーンでの正解は何だったのか、考えてみた。

例えば職場で同じ先輩なら、多分多数決でこう言うだろう。

「お前そんな辛気臭い話しええねん。それより、明日お台場何人で行くん?何か服でも買いに行くん?」

悪い空気を一掃するのが正解だ。

思えば、自分がそんな鬱スパイラルトークに陥った時、その時横に居た歴代元カノも、同じことを言ってたと思う。

寝よー。

DazeDays

※昔に書いた短編コラムが偶然出てきたので、供養の為にアップロードしておきます。


既に、自分が吐いたはぁはぁって音が聞こえる程に息があがってる。

いつの間にか太股が筋肉痛で、そのうえ道がひどい上り坂なもんだから足が全くあがらない。

普段は滅多にイライラしないんだけど、どんどん小さくなっていく前のやつらに叫ぶ。

「ちょ、待ってって。」

これでも中学の時陸上部をやってたからわかる。このケースじゃ前のやつらに追いつくのは絶対無理だ。自分は限界で、彼らは余裕。団体のペースを守れてるから。おれとは元々圧倒的な体力の差があったんだ。

どんどん小さくなっていく背中。もしもこのままはぐれて一人になったら一体どこに向かえばいいのかわからない。叫んでも誰も待ってくれない。元来た道を戻ることもできない。足がもう全く言うことを利かない。焦って頭も上手く回らない。

いや、みんな速すぎやろ。

なんで普通に同じ人間の形してて、これほどまでに差がでるんだろう。なんでそんなに余裕な面ができるんだろう。要領か、計算か。元々何か生きるのに役に立つ法則だとか裏技だとかを知ってたのか。

わからない。

いらいらが焦りになって、焦りがいらいらにもう一回戻ってきて、おれはついに立ち止まってこう言う。

「無理っ!」


以前から、それと、たぶんこれからもずっとだと思う、おれはだる気と眠気から追われてる。

起きてる間、おれはだる気と眠気から必死に逃げてる。
少しでも心臓をドキドキさせてくれることを見つけてはしのぎ、見つけてはしのぎでなんとか起きてる。
少しでも自分が自分であることを確かめさせてくれる瞬間を見つけながら、なんとか起きてる。

人生まんざらでもないのに、けっこうそれなりに楽しいこともあるのに、けれど結局いっつもおれはそいつら、つまりだる気と眠気に飲まれてしまう。

どれだけこの世界に興味を持とうとしたってやっぱり無理してる。

本当はおれは寝るために起きてるんじゃないのかって思う。


とんでもなくでっかいダブルベットの上で、彼女の手コキが終わる。

太股を絡めてくれて、わざとおれの口に息を吹きかけてくれて、吸って、吐いてのリズムに合わせておれと同じように動いてくれる。

煙草の匂い。汗の匂い。全部おれの中に入ってくる。
天井にはいつ落ちてきてもおかしくないってほど不自然に大きくぶら下がったシャンデリア。足先ずっと先には触れるだけで眠れそうな白いソファーがこっちを見てる。
ライトはすぐ頭の上からこの部屋の、このベットだけを照らしてる。小さくって薄い、細長タイプのやつだ。
今世界にある光はこれだけだ。たったこれだけだ。
日本のどこを見ても、あるいは世界のどこを見渡しても、このライトが点いてるこの瞬間だけは他の場所の光は消えている。

目を細めて、おれは全く動けない。

横を向いて抱き合ったまま、そのうち涙があふれてくる。
たまらなくなって、おれは聞く。

「なあ、今日でもう会われへんのに、なんでそんな優しくしてくれぅん?」

最後の方は、声が枯れて詰まったのがわかる。これだけ密着しあってるから、嗚咽してるのが相手に絶対伝わってる。けど泣いてるなんて恥ずかしくって、だから少し不自然に、強引に彼女の首に顔をうずめる。

彼女は何も答えない。

涙で顔がぐしゃぐしゃになったおれは、もういいや、どうせ泣いてるんがモロにばれてるんなら仕方ないやってことで、開き直って、そしたら、恥ずかしさを隠そうとしてるその行為自体が逆に恥ずかしさを増してるってことに気付いて、おもいきって彼女の顔を見る。

これまでにも何度か自分の泣き顔を鏡で見たことがあった。目が異様に赤く腫れて、すっごく無様な顔だ。覚えてる。たぶん、今、彼女の瞳の中には、その無様な顔が歪んで映ってるんだろう。

彼女は、いつもの見下したような優しい顔で、おれをじっと見てる。

「まあ、そうゆうもんなんじゃない?愛って。」

別の次元で生きてるってことを改めて思い知らされる衝撃的にかっこいい台詞。
正直な話、彼女も泣いてると思った。いや、泣いてて欲しかった。さっきまでずっと、吸って吐いての同じリズムを共有してたばっかりなのに、それなのに彼女は泣いていなかった。
恥ずかしい話、おれはどれだけ馬鹿な理由で女が泣いてても、それが目の前で泣いてたとしたら多少はもらい泣きをしそうになる。
けれども彼女は泣く気配すら見せずに、だからと言って泣いてるおれから目を背けることすらせずに、ただこっちを見てる。

圧倒的な強さ、差。彼女は一体何を見てきたんだろう。何を体験し何を思って今まで生きてきたんだろう。

思考を遮って彼女は続ける。

「まあひろやも頑張りーや。」

考えが追いつかない。一体目の前で何が起こってるんだろう。一呼吸置いて、二呼吸置いて、そのうち、息を吸ってるのに酸素が入ってきてないような感覚に陥って、過呼吸になって、そしたら途端、笑いがこみあげてきて、押さえたら、オエッて吐きそうになった。もう一回深呼吸をする。

「ごめんな。全部おれのせいや。おれな、今までどうしても無理って思うことがあるとそっから逃げてきてん。いっつも自分のことで精一杯で、他人に気ーとか配ったことないねん。全くだめやんな。せっかく好きんなったのにおれの方が裏切ったよな。おれ、裏切るんだけは繰り返してんねん。そんなことしようと思ってないのに。」

言っても何も変わらないし、言ったら言っただけ価値が下がる意味のない言い訳。

気がつくと目の前に彼女は居なくって、おれは一人で座ってる。
罪悪感と、後悔と、情けなさと、とてつもない寂しさと、それから開放感。

目の前には毛布にくるまってるおれがいる。とても薄い毛布で、真冬だから寒いので、歯をガチガチ言わせながら思うことが4つある。

寒いってこと。
ここにいてはいけないってこと。
暖かいってこと。
結局またここに帰ってきちゃうんだなってこと。